イメージ1

美容外科(Plastic Surgery)というのは、ヒトの体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら美意識に従って全身の容貌の改善を図る医学の一つで、完全に独立している標榜科目のひとつである。
「デトックス」術に問題点やリスクはないと言えるのだろうか。
第一、体内に溜まるとされている毒素というのはどのような性質のもので、その「毒素」とやらは果たしてデトックスで排出されるのだろうか?どちらにせよ乾燥肌が普段の生活や周辺環境に深く関係しているというのなら、毎日のちょっとした身辺の癖に注意さえすれば大体の乾燥肌の問題は解消します。

肌の弾力を司るコラーゲンは、有害な紫外線に直接当たってしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を与えられてしまったり、心や体のストレスが少しずつ溜まっていくことで、失われ、終いには生成することが困難になっていくのです。

ドライスキンとは、皮ふに含まれる角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂分泌の量が水準よりも低下することで、皮膚にある潤いが失われ、角質層がパリパリに乾燥してしまう症状のことです。

メイクの短所:泣いてしまうとまさに阿修羅のような怖い形相になる。
ちょっとミスしただけで下品になって地雷になってしまう。
顔立ちをごまかすのには限界がある点。
化粧の良いところ:自分自身の顔をちょっとだけ好きになれる。
顔に無数に点在するニキビ跡・くすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷跡等が隠れる。
回数を重ねるごとに美しくなっていくというおもしろさやドキドキ感。